フロンティアシステムにおける、検査システム導入の流れをご説明します。
弊社にお問い合わせ頂いてからをスタートとして、検査システム導入の流れは、大きく3つの段階に分類されます。
まずは、サンプルテストの実施による(性能確認・仕様検討)の第一段階。 次に、サンプルテストの結果を元に、検査システムの構成を決定し、その後(検査システムの開発・設計)を行う段階。 そして、検査システムが完成後の、(検査システムの導入・運用)の段階になります。

お問い合わせから検査システム導入までの流れ

『サンプルテストの実施』(性能確認・仕様検討)

STEP 01弊社にお問い合わせ
弊社の製品やサンプルテストにご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
電話・FAX・メール・ホームページより受け付けております。
STEP 02要求性能等のお打ち合わせ(オンライン対応可能)
ワークの状態や検査項目、検査環境、要求性能など、検査システムの性能に関するお打ち合わせを実施いたします。オンラインでの対応も可能です。
STEP 03ワークサンプルを弊社に送付
ワークサンプルを弊社にお送りいただけましたら、サンプルテストを実施いたします。
STEP 04サンプルテストの実施
お預かりしたワークサンプルを基に、弊社基準の品質テストを実施いたします。
STEP 05テスト結果のご報告(オンライン対応可能)
サンプルテストの結果をご報告させていただきます。オンラインでの対応も可能です。

『 検査システムの構築』(検査システムの開発・設計)

STEP 06システム詳細のお打ち合わせ(オンライン対応可能)
検査システムの仕様や、現場確認、設置のためのシステム構築に関するお打ち合わせを行います。
オンラインでの対応も可能です。
STEP 07ご発注 ⇒ 検査システムの開発・設計
ご発注が完了しましたら、お打ち合わせの内容を基に、検査システムの製作に取り掛かります。
STEP 08検査システムの製作・検証・最適化
製作した検査システムを検証・最適化して完成へと進めます。

『検査システムの導入・運用』(検査システムの納品・設置)

STEP 09検査システムの納品・設置工事の実施
弊社スタッフが責任をもって現場に納品・設置いたします。
STEP 10現地にて操作方法のご説明
検査システムの操作方法のご説明を行います。
STEP 11検査システムの運用開始
検査システムの動作や運転の安全確認を終えた後、運用を開始します。
STEP 12検査システムの稼動
稼動試験で安全を確認した後は、お客様側で検査システムのご利用が可能になります。
STEP 13定期メンテナンス(年2回を推奨)
検査システムは消耗品が寿命になると、性能が確保できなくなります。
早めの点検、不具合検出により、安全かつ安定した検査が保証されます。
弊社では、長期間にわたる性能確保のため、年2回のメンテナンスを推奨しております。

サポートについてはこちら

よくあるご質問